カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

東日本大震災から10年を迎える今…



皆さんこんにちは☺



今日からは、こちらのショップ内の生産者さんについてご紹介していきます!



第一弾は、



『有限会社柴栄水産』さんです。



請戸(うけど)漁港...



皆さん聞いたことありますか?




請戸漁港とは、




福島県双葉郡浪江町にある漁港です。



県下でも大きな漁港で、


古くから沿岸漁業が営まれ水産業の拠点として発展してきました。



春は小女子、白魚、アイナメ、メバル、夏はスズキ、ほっき貝、


秋は鮭、ヒラメ、冬はナメタガレイ、タコなど、


四季折々に多彩で新鮮な旬の魚介類が水揚げされ、


活気溢れる賑わいの漁港として、地元の人にも親しまれてきました。


また、請戸漁港常磐沖で捕れる新鮮な活魚のほとんどが高級魚で、


請戸の活魚は、東京の築地魚河岸でも「トップ引き」といい、


最初にセリにかけられるほど知名度が高く、昔から高い評価を得ていました。
 


ところが東日本大震災をきっかけに、



工場、事務所、店舗等、すべてが流失、全壊。



また「福島第一原子力発電所事故」により避難指示が出され休業を余儀なくされました。


当初は別の地域での再建も検討していましたが、


地元(浪江町請戸)での再建の思い入れが強く、避難解除を待ち、少しづつ準備をして参りました。


そして2020年4月、9年半ぶりに事業を再開。
 


しかし震災前と同じように出荷できるわけではなく、


魚の出荷制限や風評被害が続いてきた中で、



市場で売れ残りや値崩れが起きないか慎重に見極める必要があるとして、


現在も、漁業者みずからが漁の日数や海域などを抑えている状況が続いているのです。


そんな中でも、取引先には鮮度などが評価され、


最近では現在下落した価格も震災前の価格にも戻ってきています。



芝栄水産代表の柴孝一社長は、屈託のない笑顔でこう語る。



「良い品物を出荷し続けることで自然と認められていく。もう販路は拡大している、水揚げを増やしてもらいたいな!




コロナ禍の今、


なかなか現地に出向くことはできない状況だが、



買って応援、食べて知る。



風評被害払拭と、請戸漁港の発展を応援せずにはいられない。




コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ こんばんは

こんばんは
Jasaseomurah | 2021-07-24 16:09 |

■ 柴栄水産から 請戸特選・・・

柴栄水産から 請戸特選!おまかせ海の幸セット届きました。とっても新鮮で、立派なお魚、感激です。食べやすく加工していただけたのも助かりました。
大変な中、頑張っていらっしゃる姿、素敵です。
ありがとうございます。
柴村 令子 | 2021-03-13 17:37 |
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ